鎌倉に始まり横須賀に続くBUSHIDO文化の物語

事業報告

令和3年度文化庁多言語解説整備事業

当協会では令和3年度は
鎌倉の北条氏の2~4代執権に関わる寺院にて多言語解説コンテンツの制作を行っております。

覚園寺様にて


対象とする寺院様は、
二代執権「北条義時」の菩提寺でもある、覚園寺様。
三代執権「北条泰時」に関わる、極楽寺様。
四代執権「北条経時」の菩提寺、光明寺様です。

光明寺様にて

今回対象の寺院は鎌倉のオーバーツーリズム解消の糸口としても期待される立地にあり、
それぞれ、鎌倉の中でも自然豊かなお寺様です。

極楽寺様にて

まさに大河ドラマでもスポットのあたるところではありますが、
この幕府成立の歴史は日本でも画期的な政治が出来上がっていく過程にあり、
日本の革命期の物語です。

こういった歴史を文化財の解説に合わせて伝える中で、従来のスペックの解説にとどまらず
人物像が浮かび上がってくる物語へと誘います。

今回は、前年度におこなったものを踏襲しながら、
より魅力的なARコンテンツを製作中です。

また、期待されるところは現存する日本最古の築港・和賀江嶋のAR化です。
現在ではただの岩礁でありますが、これが当時の貿易を支えたというから面白い。
今回は、和賀江嶋をスマホを使って見れるAR技術で想像図を制作しています。

今回の事業報告は、プレスリリースで再度行われます。

こうご期待。

コメント

この記事へのコメントはありません。

RELATED

PAGE TOP

Warning: realpath(): open_basedir restriction in effect. File(/tmp) is not within the allowed path(s): (/home/wehaccount/bushidobunka.com/) in /home/wehaccount/bushidobunka.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 2101