鎌倉に始まり横須賀に続くBUSHIDO文化の物語

事業報告

広域観光推進委員会発足

令和4年3月8日、横須賀市商工会議所にて広域観光推進委員会が発足しました。

横須賀市では今まで、市内の観光促進ついては当然ことながら今までも行ってきましたが、
商工会議所で、横須賀市を含む三浦半島全体の観光について見据えるのは初めての事。

当協会の「BUSHIDO」というコンセプトが、この四市一町の越境を可能にすることとなり
まずは横須賀からその広域での観光について具体的に取り組んでみようということです。

委員長に㈱トライアングル社長の鈴木氏を招き、㈱ジェイコム湘南・神奈川の中村氏が副委員長、
委員には、㈱自久里浜中央会館の鈴木氏、日産自動車㈱追浜工場の黒須氏、
㈿追浜商盛会の織田氏、千代田商事㈱の福西氏、かながわ信用金庫の杵淵氏、㈱桐ケ谷不動産の桐ケ谷氏、
神奈川県横須賀三浦地域県政総合センター所長の能勢氏、横須賀市文化スポーツ観光部部長の倉林氏
という、市内名だたるメンバーで構成されます。

テーマとして「広域観光=三浦半島全域ととらえて観光資源の再発見を行う」を掲げ、
横須賀市で進めているルートミュージアム構想にBUSHIDO文化を用いて、
越境観光の取り組みを進めます。

当協会としても、神社仏閣の観光資源化に協力し、
大切な文化財群、神社仏閣を末永くお守りできるよう尽力する意向です。

コメント

この記事へのコメントはありません。

RELATED

PAGE TOP

Warning: realpath(): open_basedir restriction in effect. File(/tmp) is not within the allowed path(s): (/home/wehaccount/bushidobunka.com/) in /home/wehaccount/bushidobunka.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 2101